サスティーの色が変わらない原因について

園芸関連
この記事は約9分で読めます。

SUS teeサスティー」は水やりするタイミングを教えてくれる非常に優秀な便利グッズです。

近年稀にみる園芸のヒット商品となっています。

ただ、これだけ人気が出てくると、中にはサスティーの色が変わらないというお困り事も少なからずあるような気がします。

今回はサスティーの色が変わらない原因と解決方法について考えてみました。

概要

販売メーカーキャビノチェ株式会社
製品の種類本体、リフィル
カラーグリーン、ホワイト
サイズS、M、L
価格帯S:400円台
M:500円台
L:600円台
リフィル:500円台
リフィル▼
SUSTEE本体▼

商品構造

サスティーはS、M、Lのサイズがあり、カラーはグリーンとホワイトの2色展開です。

「リフィル」はいわゆる「交換用フィルター」の事です。

サスティーも使っているうちにフィルターが目詰まりを起こすので、ある程度使用したら交換が必要なようです。

まるでボールペンのような形状
交換用中心リフィル

上部のキャップを外すと、中のフィルターを取り外せる構造となっているようです。

シンプルな作りとなっていました。

フィルターの部分を分解してみたところ、内側が濃い青となっており、水が濡れると内部の青が浮き出るしくみのようです。

原因について

原因1 勘違いしている

間違えやすいポイントです。

色が変わらないのではなく、色の変わる部分を勘違いしている場合もあるかもしれません。

ジブン
ジブン

色が変わる部分は決まっているよ!
間違えないでね!

また、特にリフィルを交換する際は、青くなる部分を一緒に捨ててしまわないように気をつけましょう。

どっちの色どうだったか判らなくなるので、ここでも確認しておきます。

・乾燥状態 → 白
・水分のある状態 → 青

水を与えると濃い青が浮き出て、乾燥すると、いきなり白になるのでは無く徐々に白になっていきます。

ジブン
ジブン

水分があるから青なのね。

原因2 浅く挿している

パッケージの裏には記載がありますが、各サイズ差し込む深さが決まっています。

本体にマークがあるので、マークに収まるように挿さないと色が変わらない可能性があります。

Sサイズについては範囲が狭いので注意が必要です。

各対応サイズ表です。

規格対応サイズ大きさ/重さ
S2~3号鉢
直径 6〜9cm
W10mm×D8mm×H120mm / 4.3g
M3.5~6号鉢
直径 10.5〜18cm
W10mm×D8mm×H180mm / 5.9g
L6〜12号鉢
直径 18〜36cm
W10mm×D8mm×H255mm / 8.0g
ジブン
ジブン

深さが足らないと色が変わらないよ!
本体の▷ ◁印を確認してね。

検証動画

詳しくは動画からご確認下さい▼