ステファニアの育て方と種の発芽について(エレクタ・ピエレイ)

育成日記
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

ステファニアは可愛らしい観葉植物ですが、育て方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回はステファニアの育て方と意外に疑問の多い「発芽」に関しても調べてみました。

基本情報

ステファニアは東南アジア、オーストラリア等に自生するツヅラフジ科ハスノハカズラ属の植物です。

スペルは「Stephania」、雌雄異株であり、名前の由来はギリシャ語で「王冠」の意味があります。

その理由はやく(雄しべ袋)が王冠に見えることとされています。

また、特定の品種で毒性があることが確認されています。

個体によっては50kgを超えるものもあり、大きく育ったものは高価なので種から育てる人も多いようです。

品種について

ステファニアの品種について調べてみると、幾つかの種類が確認できました。

エレクタ(erecta)/ピエレイ(pierrei)

楽天市場より

カンボジア、ラオス、タイ、ベトナムなどの熱帯林が現生地。
エレクタは「直立」の意。
またエレクタとピエレイは同義との情報がありました。
現在はピエレイと呼ばれており、エレクタの方が古い呼び名との事です。

ヴェノサ(venosa)

楽天市場より

マレーシアやインドネシアなどに自生が確認されています。

・ロツンダ(rotunda)
現生地はラオス、タイ、カンボジアなど。

スベローサ(suberosa)

楽天市場より

タイ南西部など岩の多い石灰岩の丘の常緑樹のスクラブと竹林等に自生。

参考資料1:GBIF
参考資料2:llifle.com

自生地の気候

私が管理している品種は「エレクタ」という品種名で流通していたものです。

エレクタはピエレイと同義という事ですので、ピエレイの自生の情報が最も多い「カンボジア プノンペン」近郊の気候をサンプリングしました。

【概要】
プノンペンでは、雨季は本曇り、乾季は一部曇り、年間を通じて暑く、蒸し暑く1年を通して、気温は23℃~35℃の幅がある20℃未満または38℃を超えることは滅多にない

【気温】
温かい季節
暑い季節は、3月11日~5月31日までの約2.6ヶ月続く1日平均の最高気温は34℃を超えるプノンペンにおける1年の最も暑い月は4月で、平均最高気温は35℃、最低気温は27℃

涼しい季節
涼しい季節は、9月21日~1月14日までの約3.8ヶ月続く1日当たりの平均最高気温は31℃未満プノンペンにおける1年の最も寒い月は12月で、平均最低気温は23℃、最高気温は30℃

【雲】
晴れの季節
1年を通したプノンペンにおける晴の部分は、11月11日~始まり、3月31日までの約4.6ヶ月続く

プノンペンにおける1年の最も晴れが多い月は2月であり、平均すると48%の確率で、快晴、ほぼ晴れ、または一部曇り

曇りの季節
1年のうちより曇天が多い季節は3月31日頃始まり、11月11日頃に終わるまでの約7.4ヶ月続く

プノンペンにおける1年の最も曇りが多い月は8月であり、平均すると91%の確率で、本曇りまたはほぼ曇り

【降雨】
雨季
1年のうち、雨季は、3月3日~12月23日までの約の9.6ヶ月続くスライド31日間の降雨量は少なくとも13mmプノンペンにおける最も降雨の多い月は8月であり、平均降雨量は191ミリメートル。

乾燥期
1年間の最も降雨量が少ない期間は、12月23日~3月3日までの約の2.4ヶ月プノンペンにおける最も降雨の少ない月は1月であり、平均降雨量は9ミリメートル。

【湿度(しつど)】
高い季節
1年間で最も湿度の高い期間は、2月6日~12月24日の11ヶ月で、その間の快適性レベルは少なくとも74%の間、蒸す、蒸し暑い、または不快プノンペンにおける最も高湿日が多い月は8月であり、31.0日が高湿またはそれより悪い状態。

低い季節
プノンペンにおける最も高湿日が少ない月は1月であり、高湿またはそれより不快な日は20.5日あります。

育て方

【温度耐性】

自生地の気候では「20℃未満または38℃を超えることは滅多にない 」となっています。

耐寒性
自生地の気候より、寒さには弱いということが予測できます。

他サイトでは「寒さには比較的強い」との記述はありますが、10℃以上をキープした方が無難でしょう。

耐暑性
38℃ほどまでは気温が高くなる場合があるので、暑さには強いと思われます。

【日照】

発生場所では熱帯林下となっていることから、直射よりは遮光された間接的な柔らかい光を好むでしょう。

また、年間を通しても、7ヶ月以上本曇りが続く事から、強い直射日光よりは明るめの光程度を好む傾向があるでしょう。

暗い環境でも生育障害を起こすので、注意してください。

【水やり】

自生地の降雨量の多い時期を調べることで、成長期をおおまか予測することができます。
(比較対象として東京では多い月で9月を中心とする31日間、平均合計累積降雨量は192mm)

プノンペンにおける「最も降雨の多い月は8月であり、平均降雨量は191mm、 最も降雨の少ない月は1月であり、平均降雨量は9mm 」とあります。

降雨量は日本の一番多い月と同等といえます。

成長期

現生地での降雨量の多い8月の気温は、平均最高気温は30℃、平均最低気温は26℃となっています。

気候を日本に置き換えた場合、成長期は気温が平均最低気温が26℃を超える初夏~秋の始まり頃でしょう。

成長期は土が乾いたら、水やりを行う事で株の成長を促すことが出来ると思われます。

ただし、土が常に湿っていると枯れてしまう事があるようですので、しっかりと乾いたのを確認してから水やりを行った方が良いでしょう。

気温の上昇の緩やかな時期の水やりは乾かし気味にした方が良さそうです。

休眠期(落葉期)

現生地での降雨量の少ない1月の平均最高気温は32℃、平均最低気温は23℃となっています。

データより20℃を下回る気温にはならないので、非常に安定している事が分かります。

安定した気温にも関わらず、1月では9mmと極端に降水量が極端に落ち込むから、気温の変化には敏感である事が想定されます。

この事から、どのような季節でも断水をする事で休眠期へ誘導する事が出来ると考えられます。

気候を日本に置き換えた場合、休眠期は最低気温が20℃を下回る時期は秋~春頃となりますが、その頃に自然と落葉を始めるので断水を行って下さい。

平均最低気温が23℃を上回る暖かな時期までは、水やりは行わない方が良いでしょう。

日本では現生地ほど周年的に気温が安定していないので、落葉時期が長いです。

【湿度しつど】

1年のうち、湿度の高い季節は11ヶ月と続くことから、高い湿度環境を好む植物のようです。

【土壌】

常に土が濡れている状態を嫌うようですので、排水性の高い土壌を選択しましょう。

培養土を使用する場合は、水はけを良くするため赤玉土などを混ぜ込んだものを使用して下さい。

【肥料】

成長期に薄めた液肥などを与えると良いが、強い肥料分を与えるのは控えた方が良さそうです。

【剪定】

基本的には剪定は不要と思いますが「半つる性」の為、ツルを這わせる支柱などがあると便利です。

【種子の発芽について】

種子を発芽させたいという方が多いように思います。

成長の過程で容易に種を付けますが、発芽をさせるには少しコツが必要なようです。

種を発芽させる方法は下記のとおりです。

湿度しつどを上げる
・培地を湿らせない

・植物成長ホルモンの使用

湿度については、ステファニアを育てる上での同じ条件となりますので腑に落ちる部分があります。

湿度をあげる為には種子を覆える容器があると便利です。

利点は種子を複数発芽させるのに効率的な点です。

他の代用方法としては「ビニール袋」を用いた方法です。

ビニール袋を使用する場合は、完全に密閉せずに上を開けておくと良いそうです。

培地についてですが、湿らせてはいけないというのポイントのようです。

一般的に発芽を促す場合は培地を湿らす事が条件となりますので、誤って湿らしてしまう方も多いのではないでしょうか。

成長ホルモンについては、「αナフタレン酢酸」が有効との事ですが、真偽は不明です。

ただし、発芽条件として23℃以上の温度は必要になることと思います。

参考資料:www.agriculture.com

育成日記

2021

1/24 休眠の状態

休眠中のステファニア

ステファニアを管理するのは初めてです。

管理当初は葉がありましたが、寒くなるにつれて落葉してしまいました。

ステファニアは休眠期が長く、発芽するまでにかなりの時間を要するようです。

2022

5/7 発芽を確認

発芽までに長い時間がかかりましたが、ここに来てようやく芽吹きに動きがみられました。

休眠時は下手に水やりをしてはならず、動きがあるまで待つのが鉄則です。

つい手を加えてしまいそうな衝動にかられました・・・。

恒例の霧吹きで株の表面の散布を行いましたが、この間は水やりはほとんど行っておりません。

現在5月上旬ではありますが、これでも発芽するには早い方なのかもしれません。

管理方法としては「湿度しつどが高い方が良い」との事でしたので、ビニールに覆って育成ライト下で管理をしていました。

5/24 開花

黄色い花を咲かせています。

開花をしましたが、雌雄異株につき単体では種をつけることは無いはずです。

発芽するまでは水やりを与える事はほとんどありませんでしたが、発芽してからは土にも水を与え始めました。

ただ、ビニールでの管理のため湿度と温度の関係から用土から謎のキノコが生えだし、カビが発生しました。

このようにビニール管理ではカビが繁殖するおそれがあるので、株がカビに負けてしまわないよう気をつけてください。

それ以降はビニールでの管理を止めました。

7/13 葉の展開

丸い葉を展開させ、つるを伸ばして成長しています。

あんどん仕立てにして管理している方もいるようです。

残念ながら花をつけましたが、何事も起きることなく散り落ちてしまいました。

不可解なことにコーデックスはシワがよっています。

おそらくは水やりの頻度、もしくは水量が少なかったためでしょう。

つるが伸びてからは水やりは慎重になり過ぎないほうが良いのかもしれません。

8/30 植え替え

さらに塊根部にシワが入り、いよいよビジュアル的に深刻化してきました。

ここへきて植え替えを決意。

ステファニアは発根していないものも多いですが、土を崩してみると根がありました。

植え替えの用土は単体用土を選択。

栄養不足になりやすいですが、水やり頻度を多くしつつ株腐れ防止を考慮して、株のシワの復活を促す狙いです。

9/6 種の発芽発覚

他にも別のステファニアの株を管理していますが、そのうちの1鉢の中にこぼれ種から発芽している種子を発見しました。

実は何度か種子の発芽をチャレンジしていますが、ことごとく失敗しております。

まさかこのような形で確認をする事ができるとは思ってもみませんでした。

どのような管理条件下であったのかを整理し、しっかりとした種子の発芽条件がわかり次第お伝えできればと思います。

こちらの発芽株は引き続き育ててみたいと思います。

まとめ

・高い温度おんどを好む

高い湿度しつどを保つ
湿度を保つ方法は以前にご紹介した通り幾つかあります。


・夏の成長期は土が乾いたら、しっかりとした水をやりを行う

・夏以外の葉がある時期は土を乾かし気味に管理


寒い時期に向かうにつれ、徐々に水やりの回数を減らす

・落葉後は断水する

・強い直射日光を避ける