ディスキディアの葉がシワシワに!育てるのが難しい?シワが寄る原因と復活方法について

育成日記
この記事は約5分で読めます。
ヤフーショッピングより

皆さんはディスキディアを育てていて葉がシワシワになってしまった経験はありませんか?

しっかりと水をあげている筈なのに、どんどんと葉にシワが寄ってくるのです。

これは必ずと言っていいほど陥りやすい症状です。

そこで今回は何故、葉がシワシワになってしまうのか、シワシワになったディスキディアはどうすれば良いのか、その理由と復活の検証を行いました。
検証品種はこちら

検証のきっかけ

ディスキディアを管理していますが、ある日、枝がプツリと切れてしまいました。

なんとなく勿体ないので、折れた枝を水に挿しておきました。

根が出てる?!

すると数日後、葉の付け根から発根をしていたのです。

ディスキディアは水が苦手で、安易に水をあげてしまうと株がムレてしまったり、根腐れを起こしてしまうイメージがありましたが、案外水を好む植物ではないかと感じました。

検証日記

2023

6/15 シワのできた個体で検証開始

シワの寄った個体
それなりにシワがある

以前より管理しているヌンムラリアです。

沢山の葉が茂ってはいますが、そのほとんどにシワが寄っています。

ヌンムラリアを調子良く育てるには「明るさ」が重要との情報を得たので、室内でも数時間直射日光の当たる場所で管理していました。

本種は水切れの耐性はありますが、明るい環境の分、蒸散が早く水切れを起こしてしまったようです。

現在、6月中旬頃ですが、この時期に葉にシワが寄ってしまう理由としては水切れにあると考えています。

この症状は、葉にシワが寄っている症状なので、葉がポロポロと落葉してしまい、株のボリュームが無くなってしまったといった症状(葉が無くなり枝だけの状態)の場合は、また別に理由があります。

その場合は、おそらく明るさが足らないか、寒さに弱いので低温によるものと思われます。

水分不足に陥った場合は植物の種類にもよりますが、よく使う手法として腰水で管理します。

以前にも検証をしましたが、水切れに耐性があり、水切れし過ぎた植物に有効です。

管理場所はこちらも同じく以前の検証内容を参考にしました。

ただし、葉が茂っている部分は水に浸かっていると枯れてしまうかもしれないので注意してください。

また、寒さに弱いため、寒い時期に腰水をすると枯れてしまいます。

6/16 吸水状況

まだ全然ペラいなぁ~

根からたくさんの水を吸収したのか、一日で鉢が水に触れるラインを下回っています。

葉の状態は多少シワが無くなったようにも見えますが、大きな変化はなさそうです。

6/18 張りの回復

腰水状態にしてから3日後、かなり張りがある葉に戻りました。

葉にシワがよった状態を戻すのに腰水が有効である可能性は高そうです。

芽が伸びている
もうむっちんプリン

新しい芽が伸び、花が咲いています。

それまで音沙汰が無いディスキディアが、環境が整ったのか急に成長を始めました。

この時期にディスキディアの成長がみられないのは、環境や状況が適していないのかもしれません。

6/25 回復宣言と別の個体での検証

約1週間後となりますが、一部元に戻らない枝はあるものの、十分と言えるほどまで回復する事に成功しました。

偶然かもしれないので、更に水切れの進行した個体でも検証を行ってみます。

jibun
jibun

持ち上げると重かったよ

うわぁ~、ごめん。
見るに耐えない

こちらの個体は単純に水やりの回数が少なすぎた為によるものです。

こんな状態でも元に戻るのでしょうか。

6/26 やや回復

1日で回復?

最初の個体とは異なり、1日でかなりシワが少なくなりました。

6/28 BeforeとAfter

Before
After

さらに2日後、比較すると明らかに変化している事が分かります。

この事から、普段水やりを行っていても、ヌンムラリアにとっては水量が足りていなかったという事であり、シワが寄った場合の復活方法として腰水は有効と言えるのではないでしょうか。

ただし、これはあくまで葉にシワが寄ってしまった場合の応急処置であり、長い時間、腰水管理を維持すると根腐れを起こす可能性がありますので、その点は注意したほうが良さそうです。

6/28 別種でも検証

こちらはラベルにミリオンハートと記載されていた品種です。

細かいハートの葉を連ねる可愛らしい品種ですが、水切れが多発します。

葉に大きなシワが寄っています。

こちらはラベルにフォルモサナの表記となっていた種です。

こちらも同じく水切れを頻繁に起こします。

両種ともコルクに植え付けられていたので、コルク部分のみ腰水を行いました。

7/3 回復の確認

ヌンムラリア同様にミリオンハートもシワが大きく現象しています。

フォルモサナも丸まっていた葉がパンパンに膨れてくれました。

別種にも腰水が使えそうです。

jibun
jibun

人間も腰水をすれば肌が潤うのかなぁ?

君は毛が生えているから気にしなくて良いね。

まとめ

  • 枝を水に挿すと根を生やす
  • 暗い環境を嫌い、明るい環境を好む
  • 寒さに弱い
  • 葉のシワは水やりの量が足りていない可能性
  • シワができたら腰水で元に戻す事ができる
  • 寒い時期に腰水をすると枯れる
  • 葉は水に浸けない
  • ヌンムラリア、ミリオンハート、フォルモサナで検証済み

【訪問者のコメント欄】