キセログラフィカの意外な育て方と開花記録

育成日記
この記事は約4分で読めます。

エアプランツの王様と呼ばれているキセログラフィカですが、管理していた株がついに開花しそうでので、成長を記録しておくことにします。

また自分的に驚いた管理方法を教えてもらったので、ブログを通して皆様へお伝えできればと思います。

キセログラフィカの性質

キセログラフィカはミニサイズからキングサイズまで様々なサイズがあります。

今回開花が見られたのは、一番大きなサイズのキセログラフィカです。

上から見た幅はなんと約40センチほどのかなり大きめなキセログラフィカです。

そして、キセログラフィカは花を咲かすと枯れてしまう性質があるようです。

本体(親株)は枯れてしまいますが、枯れた根本付近から子株を作ります。

これはタンクブロメリアと同じです。

つまり、開花がみられたこの個体は近い将来枯れることが想定されます。

水管理について

水を溜める部分

ブロメリアを販売しているメーカーに聞いたところ、一定に温度管理(約20℃を維持)して成長点の中心部に水を溜めて管理しているとのことです。

要はタンクブロメリアのように管理しているという事です。

自分としては乾燥気味に育てないと蒸れて枯れてしまうイメージがあったので、これは寝耳に水でした。

それからは、この中央部分に水を溜めて管理する方法に切り替えました。

確かにお店などで管理しているキセロを見ると、株がかなり軽くなってしまっている個体もあります。

持って本体が軽く感じるような場合はあきらかな水分不足です。

そういった場合はそのままにせず、適切な水やり管理が必要です。

こまめな霧吹きが困難な場合は、水を溜めて管理する方法もあるようです。

ただし、冬場の寒い時期は水を溜めていると低温により枯れてしまう場合があるので、注意が必要です。

生産者はハウス栽培で温度が一定なので影響を受けないので常にこの管理方法が可能であると思います。

成長日記

2021

6/9 成長記録開始

中央に水を溜める管理に変えてから成長の仕方に変化があり、花芽が形成してきました。

明らかに葉の形が違います。

ちなみに、ただの水ではなく活力液入の水を使用しました。

活力剤入に切り替えてからは、凄く調子が良いような気がします。

また、並行して夕方に霧吹きもしていました。

夕方~朝日の出る前の早朝に霧吹きをすると効果的のようです。

メカニズムにより、葉から水分を取り込む時間帯が限られているようです。

これ以外の時間帯に霧吹きをしても高い水やりの効果を得られないようです。

よく使っているこちらの霧吹きは性能と霧の質が非常に良いです。

6/19 花芽が伸び始める

だいぶ花茎が伸びてきました。

花茎のすぐ下にある葉はそれまでの太さと異なり細く感じます。

6/30 色味に変化

最初は粉吹がかった色をしておりましたが、だいぶ青々としてきました。

7/7 細長く伸び始める

まるでイネ科や米のような花の形をしています。

花芽は明るい方へ成長する性質があるようで、窓側へ傾いてきました。

真っ直ぐに成長してほしいので、傾かないように回しながら管理しました。

曲がって成長しないように注意してください。

7/27 開花を感じさせる

だいぶ開花に近づいてはいるようですが、成長が遅く感じます。

8/17 開花一歩手前

カウントダウンが始まっている
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1091-rotated.jpg
花茎の先に顔が

ついにもうすぐ開花です。

花弁の色は薄紫をしています。

8/18 開花

神秘的

お待たせいたしました。

こちらがキセログラフィカの花です。

花粉がありますので、間違いなく開花でしょう。

8/19 ほぼ満開

ブイブイ言わせとるやん!

咲き始めると他の蕾も一斉に開花を始めました。

すげーな!
おいおい!もう枯れるんか?

8/21 花が枯れ始める

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1163-rotated.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1164-1.jpg

開花するまでは凄く時間がかかりましたが、開花から枯れまでのペースが異様に早く感じました。

開花期間は8/18~8/21なので、5日くらいで花は散ってしまった事になります。

この儚さは魅力といえるのでしょうか。

10/30 花が枯れる

ついに花は枯れてしまいました。

非常に残念ではありますが、親株自体も枯れてしまいました。

花が枯れたあとも、そのまま放置してしまったので腐れが移ってしまったようです。

大きな成熟した株から管理していたので、今度はもう少し小さい株から育ててみたいと思っています。

HB-101各種▼
HB-101各種▼
1Lタイプ▼
2Lタイプ▼