ムシトリスミレの育て方と成長過程の記録(スマイリングビューティー)

植物
この記事は約23分で読めます。

今年もまた、日本に暑い夏が到来して来ます。

特に暑い季節は、室内に不快なコバエがたくさん湧きます。

そんな虫を捕まえてくれる植物といえば「ムシトリスミレ」です。

ムシトリスミレは葉表にネバネバとした粘着性のある物質を出して、そこに止まった虫を捉えて消化し成長の栄養源とします。

ここまでは大抵の方は知っている知識かと思いますが、育て方となると上手く育てれるか不安な部分が出てくるでしょう。

育成種について

虫取りスミレの中でも様々な品種がありますが、今回はスマイリングビューティーという品種を育てていきます。

本種はムシトリスミレの中でも葉と花が大きいのが特徴です。

明るい環境であれば、たくさんの花を咲かせますが、やや暗めの環境でも花を咲かせてくれます。

もう一つの特徴が成長が早さです。

暖かな環境であれば日に日に葉が大きくなっていくのが感じ取れます。

性質は強健で、他の品種と比べて寒さに強いので、室内であれば容易に越冬が可能です。

掛け合わせ品種について

掛け合わせまで表記がされていて親切です。

ラベルには「pinguicula Smilling Buauty(mactezumae×colomensis)」と記載がありました。


学名について調べてみると、「pinguicula(ピンギキュラまたはピングイキュラ)」はムシトリスミレ属の事でした。

掛け合わせ種について、それぞれの特徴は以下のとおりです。

mactezumae(モクテズマエ)
メキシコの険しい峡谷に生息しており、花は濃いピンクの大輪で、葉は細長い。
成長していくと多花性になる。

colomensis
メキシコの固有種で、同じくビビット系等のピンクの花と葉をロゼット状に形成する特殊な品種。
岩に着生して、過酷な環境にも耐える品種。

2種の特性から、「スマイリングビューティー」は育てやすく、丈夫な品種であると言えそうです。

明るさについて

ラベルによれば、直射日光を好むとなっており、明るさが好きみたいですので、なるべく明るい環境を作ってあげる必要がありそうです。

ただし、明るい日照は好みますが夏の直射は苦手とあります。

これからの時期は強い日差しが続きそうですので、育成補助ライトを使用する事にしました。

いい感じに引き締まってきた

USB端子より電源供給して光を照射できるタイプの育成ライトです。

近くにパソコンがあったので、USB端子より簡単に照射ができました。

直射日光が苦手な植物が多いので、その場合はこういった補助ライトなどで育てる事ができます。

キッチンなど明るさが足らない場所で管理するには、このような育成ライトを使用するとうまく育てられるのでおすすめです。

暗い環境で育てていた場合は葉が間延びして、株が貧弱になってしまいます。

USBに接続をしておけば、連続で照射されるので株が自然と引き締まります。

腰水について

ムシトリスミレなど多くの食虫植物は土の乾燥に弱いので、受け皿などに水を張り、鉢ごと水につける手法(腰水)をお勧めします。

こうすることで、水切れを起こす心配を軽減する事ができます。

ただし、スマイリングビューティーは根が浅張りなので用土から根が取れやすいです。

水分が多いと、用土の腐敗が進行が早くなります。

その結果、根張りが悪くなり、根が土から取れやすくなってしまうので注意が必要です。

もし鉢から根が取れてしまっても、スマイリングビューティーは強健ですので枯れません。

新鮮な水苔などの上に置いておけば、自然と活着します。

また腰水をする場合は、清潔さを保つ為に水をこまめに交換してください。

多くの場合、雑菌の繁殖により株傷みが生じているようです。

葉水の重要性

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_5876.jpg
葉水した直後
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_6368-rotated.jpg
著しい成長

葉水(霧吹き)をすると調子が良いようです。

更に普通の水ではなく、活力剤を用いた葉水を行いました。

過酷な環境にいる植物は、葉から水分や養分を効率よく吸収できる進化しているので、イキイキと育てるにはかなり有効です。

また最近の霧吹きは進化しており、そういった良いものを使用する事をおすすめします。
最近の霧吹きについての傾向はこちらの記事をご覧ください。

花について

あっという間に花芽へ

いよいよ開花が始まりました。

容易に花を咲かせてくれました。

大きい花です。

3輪の開花を確認。

計測・・・直径約4cm!

直径約4cmといったところでしょうか。

見事に美しい花です。

ゴーン

成長日記

その後の成長を記録してみました。

2021

6/19 とある変化

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9329-1-rotated.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_9330-1-rotated.jpg

気温が高くなるにつれ、葉に長さが出て来ました。

冬のような寒い時期は葉が極端に短くなるようですが、逆に暑いと葉が長くなるようです。

長さを計測すると9cmありました。

新たな発根を確認

新しい根が出てきています。

以前にもお伝えしたとおり、スマイリングビューティーは根が浅張りで土からちぎれやすいです。

優しく扱わないと根から取れてしまう場合があります。

3匹も!チミは偉い!

小バエもしっかりと捕獲してくれているようです。

花はどこへ向かうのか

花あがりも上々ではありますが、咲く方向がばらばらです。

6/21 奇形の花をつける

おいおい!双子か?

奇形なのか、蕾が2輪つながった状態で形成されたようです。

面白い咲き方を披露してくれました。

散るときも一緒よ♪

7/8 水切れを起こす

すっかり元気を失ったムシトリスミレ

腰水で水切れすることは無いと安心していたところ、いつの間にか水位が鉢よりも下がっていて、葉がうなだれてしまいました。

急いで水やりを行いましたが、傷んだ葉は元には戻りませんでした。

腰水などの底面給水で育てた場合は、水切れ耐性が弱くなるようです。

水切れを起こしたものの、花芽をしっかりと付けていました。

植物を育てる上では、やはり油断は禁物です。

7/14 切り戻しを行う

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0378-1024x1024.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0377-1024x1024.jpg

茶色く傷んだ葉を残しておくと、株に移って腐る場合があるので、思い切って刈り込みました。

刈り込みにより、かなりボリュームが無くなってしまいました。

水苔は古くなっているようなので、そろそろ変えてあげようと思います。

根が取れる現象は水苔が古くなった場合に起きるようですので、予防として、早めに新しい用土に取り替える事をおすすめします。

8/5 少し成長

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0815.jpg
葉の枚数が増えた
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_0816.jpg
コバエも捉えています

成長してボリュームを少しずつ取り戻してきたように思います。

花は色をつけ始めておりますので、近々鮮やかな花を咲かせてくれることでしょう。

食虫植物でもムシトリスミレは花も楽しめるのが良いところです。

9/8 調子を取り戻す

良くなっている!

株の形も整い調子が良さそうです。

もしも、トラブルなく順調に育ってくれたのなら、どこまで大きくなるのでしょうか。

9/16 新たな花芽の形成

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1828-rotated.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1829-rotated.jpg

前回の花は散り、早くも新たな花芽を形成していました。

このように、次々と花を咲かせてくれるのもスマイリング・ビューティーの大きな特徴です。

9/30 葉焼けと驚きの出来事

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2177-rotated.jpg
葉が大変な事に・・・
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2179-rotated.jpg
油断って本当に大敵ですね

秋に近づき、ここでも油断が出てしまいました。

暑い時期も落ち着いてきたので、直射の当たる場所へ移動したところ「葉焼け」を起こしてしまいました。

ですが、よく観察すると新しく形成された葉(中央部)の方が、より肉厚で引き締まった葉になっているように感じます。

葉焼けを起こしますが、葉を短く、引き締まったように育てる場合は直射の方が良く育ちそうです。

ただ、引き締まった株を維持したい場合には、直射に当てた環境を継続する必要があるでしょう。

成長が早いので、日照の低い環境に戻した場合、形が崩れてしまうからです。

また、直射日光により、腰水の水がぬるま湯のように熱くなっていたので、雑菌の繁殖も注意が必要となります。

花はキレイ。
驚きの出来事
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2181-rotated.jpg
なん・・だと?
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2182-rotated.jpg
でも可愛い!

観察していた株とは別の株ですが、ピンクの花を付けました。

基本的にビビットカラーなピンク色の花ですが、こちらの個体は淡いピンク色でした。

これは明らかなレア個体です。

優しい花色をしていて、実に可愛いらしいです。

大切に育ててみようと思います。

栄養不足か咲き始めの特徴なのか、2番花は小輪でした。

「ピンク株」と命名しました。

しっかり記載があり

10/26 調子が戻る

良い感じ
発根も順調です。

更に調子が戻ってました。

これまで色々と問題はありましたが、枯れてしまうことは無く、本種は強い性質をもつ事が分かりました。

また、形が崩れてしまっても回復が早いです。

おまけ

11/11 調子の良い証拠

ものすごい分泌量
羽虫は逃げられるわけがない

本当に調子が上がったムシトリスミレは粘液量が違います。

今まで管理していて、ここまで目に見えるほどの分泌量は初めてです。

11/17 ピンク株の管理方法

冬になり、日照も少ない環境なので「ピンク株」の成長具合が気になってきました。

そこで、再び補助ライトの力を借りる事にしました。

12/10 充実したボリューム感

だんだん可愛くなってきた

申し分無い程に株が充実してきました。

真冬ではありますが、暖かい室内ではコバエが湧いてきますが、活躍してくれているようです。

腰水状態で、半日日のあたる窓際に置いておけば、コバエ捕獲を難なくやってくれます。

2022

1/12 ピンク株の根がとれる

ピンク株は取れてしまった
悪い状態の古い水苔

気に入っていたピンク株ですが、少し触れると根が取れてしまいました。

あまり良い状態の土では無かった為、根が腐ってしまったようです。

ただ、こうなってしまっても強い品種の為、問題はないと考えています。

底穴のないガラス容器
器よりも高く盛って、乗せただけ

余っていた容器に新しい水苔を盛って、その上に乗せました。

思っていたとおり水苔が古くなると悪い影響があるようです。

早い段階で新しい水苔に変えた方が良さそうです。

2/16 花芽を確認(ピンク株)

新しい水苔に変えたところ花芽が出来ました。

2/28 花芽の成長(ピンク株)

花茎が伸びて、開花の準備を進めているようです。

気になるのは、またピンク色で咲いてくれるかという事です。

昨年は何かの偶然でピンク色だっただけの可能性もあります。

最初の通常株

一方、最初の株の方も順調です。

3/3 開花(ピンク株)

花色は昨年同様ピンク色を確認。

その時だけ違う色が咲いたという事ではなさそうです。

また、通常のスマイリングビューティよりも少しだけ開花が遅く感じます。

3/8 ピンク株の花の大きさ

花の大きさを計測してみると、約1.7cm程度です。

花の大きさに関しても、通常種よりも小さいようです。

3/17 株分け

通常株も株が大きくなり、子株が成長して複数の株が重なっているので、株分けをすることにしました。

3株へ分ける事ができました。

大きさに合った鉢を選びました。

株が増えて嬉しく思います。

このまま順調に増えてくれる事を期待。

ピンク株を良くみてみると、2頭ある事に気づきました。

成功すれば増殖する事が出来ます。

ジブン
ジブン

株分け出来そうだね。

クソッ!

通常株の方は力を入れなくても簡単に解けましたが、ピンク株は何度か力付くで株分けを試みたところ、1株が散り散りになってしまいました。

ジブン
ジブン

小さいうちは無理をしない方が良いよ!

4/12 開花その2(ピンク株)

無理がたたり、1株になってしまいましたが順調に成長中です。

夏の直射を避ければ直射日光を好むということで、直射に当てて管理しています。

心なしか赤みが強いような・・・

使用した器▼

食虫植物専用用土

まとめ

・水を切らさないようにする
・対策として腰水が有効
・葉水をする(できれば活力剤を使用)
・日照を好む(夏の直射は控える)
・水苔は古くなる前に交換する

他品種ムシトリスミレ1▼
他品種ムシトリスミレ2▼
ジブン
ジブン
最後まで読んだら
♥(ハート)をタップしてくれると嬉しいな😊


YouTube開設!▼
良かったら見てみてね!



オンラインショップ

匿名で発着可能な「らくらくメルカリ便」を採用しているので、個人情報が守られて安心です!

メルカリを初めて利用する方で招待者がいない場合は自由に下記の招待コードをお使いください。(500P付与されます。)

お友達紹介制度についてはメルカリ公式ページ

招待コード⇒EHDXRY

植物 園芸関連
園芸と生活のお役立ちブログ