ロホホラ(ロフォフォラ)の育て方と成長記録(烏羽玉)

植物
この記事は約9分で読めます。

ロホホラはつるりとした多肉体に綿毛を生やす不思議で可愛らしいサボテンの仲間です。

種類は幾つかありますが、今回は「烏羽玉(ウバタマ)」という品種について調べてみました。

育て方や成長仕方などを記録したのでご参考にしていただけたら幸いです。

栽培難易度について

私が管理をしていて、今の所枯らしたことは無く、放置していても育つので栽培は容易であると思います。

私の育てている育成環境は室内ですが、室内で育てていても問題なく育っているので、インテリアプランツとしておすすめできる植物といえます。

初心者の方でもポイントだけおさえれば容易に育てられるのではないでしょうか。

呼び名について

烏羽玉の学名は「Lophophora williamsiiウィリアムシー」となっています。

本種の和名は「烏羽玉」となっており、別名「ペヨーテ」とも呼ばれています。

呼び名が様々あって分かりにくいですが、「烏羽玉」=「ウィリアムシー」=「ペヨーテ」ということになります。

育て方と調べ方について

育て方はその植物の自生している環境を調べる事が大きなヒントになります。

本種自生地について調べると「北米大陸南西部の乾燥した草原に分布する」とありました。

「乾燥した」とあるように、ロホホラは乾燥に強い生態であることが想定できます。

土が湿った状態が続くことは通常ではあまりないことですので、基本的には「乾燥気味に育てる」という事になると思います。

自生地の気候と生態について

本種の自生地の気候は、気温が非常に高くなることがあり、その気温は50℃にも達するようですので、高温に耐える事ができる品種といえます。

自生地では雨季と乾燥期がはっきとしており、この雨季は短く、この短い期間に水を多く溜め込み、乾燥期にこの溜め込んだ水分で生きながらえる性質があるようです。

乾燥期は一切土に湿り気がなく、この時期のロホホラは地表から見えなくなるほど極限まで本体が縮みます。

そのような状態になっても枯れることはなく、蓄えた水を使いながら生きながらえるようですので、かなりの耐乾性を有している事になります。

そして、自生地での雨季は38℃を超える高温時期です。

日本での季節に置き換えてみると「夏」となり、夏が成長期にあたりますので、水を与えるなら夏ということになります。

ただし、夏でも育成環境が室内であり、エアコンなど涼しい環境であれば、たくさんの水やりは控えた方が良いでしょう。

高温期以外は、乾燥状態を維持した方が無難です。

参考資料:フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)ロフォフォラ

成長記録

2021

8/4 成長記録開始

上部は傷もなく青々しているが

水やりは土には与えず、活力剤で霧吹きで葉水を毎日しています。
(最近の噴霧器の傾向についてはこちらの記事より)

よく見ると縦に伸びるように成長しています。

日照不足の環境下でに水分を与えた事により、徒長してしまいました。

管理をして感じた事は、他の植物と比べて「成長がかなり遅い」と感じました。

少し水分が足らないのか?


上部は青々としたシワでうまく成長しているのがわかりますが、下部はシワが寄っています。

9/9 深植えにしてみる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1487.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1488.jpg

縦に成長して少し格好が悪いので、地中に埋める作戦にしてみました。

赤玉の小粒単用土で植えましたが、排水性を高いので腐ってしまうことはないと思います。

9/29 ほぼ変化なし

綿毛が少し成長したようですが、あまり変化はありません。

成長が著しく遅いです。

焦らずじゅんぐり愛でるのには良い品種かなとは思います。

変化がないと変化を求めて水を与えてしまいそうですが、涼しい時期は我慢した方が良いと思います。

12/1 その後の様子

変化がないので、特に書くことがない

未だに変化がありません。

2022

4/12 成長を促す本格的な管理開始

年をまたいで成長を見てきましたが、ほとんど変化がみられませんでした。

そこで今年は照度、水量の調整による成長の促し検証を行おうと思います。

検証は下記のとおりです。

  • 朝から昼まで直射日光の当たる環境へ移動
  • 土の全体白くなったら、少量の水やりをこまめに行う
    (根腐れしないギリギリのラインで)
ジブン
ジブン

成長をしないロホホラを早く成長させる事ができるかという検証だけど、失敗する可能性もあるよね。

楽天市場 ロフォフォラ各種▼
Yahooショッピング ロホホラ各種▼